グレインフリーなどその他のポイント

高タンパク質だけでなく、グレインフリーのものを選択することも選び方のポイントです。グレインとは穀物のことで、グレインフリーのキャットフードは穀物が使用されていないものになります。穀物は人間でも食べられる食品ですが、猫は人間よりも消化を得意とする動物ではありません。そのため、穀物が豊富に含まれているキャットフードを選択すると膵臓などに負担をかけてしまう恐れがあります。

では実際にグレインフリーのものを選択することでどのような魅力を得ることができるのでしょうか。例えばアレルギー対策です。アレルギー対策ができれば腸内環境などの悪化も防ぐことが可能です。その他にも肥満予防などに効果を期待することができます。

グレインフリーのキャットフードを選ぶだけでなく、ドライかウェットか、どのような特徴があるのかなどを事前に把握することで飼い猫に合ったものを選択できる可能性があります。例えばドライフードは日持ちすることや栄養バランスが整ったものが多いです。一方でウェットフードは食欲があまりない猫に与えると食べてくれる可能性があります。今ではクランベリー配合などそれぞれのキャットフードで特徴があるので、食事に取り入れたいものが配合しているキャットフードを選択しましょう。